[Unity] Android向けのビルド環境を作る -Memopad7 (ME176)で試す-

Pocket

過去のUnityではAndroid向け出力はUnity Proのみの機能だったようですが、現在は無料版でも可能なようです。しかも簡単にできるっぽい。そこで唯一持っているAndroid端末 Memopad7(ME176)で動かすための環境を構築したいと思います。

構築環境は

  • OS : Windows7 64bit
  • Unity 4.6.1f1
  • Android : 4.4.2 Memopad7(ME176)

となっております。

 

 

端末側の準備

設定 → バージョン情報等 → ソフトウェア情報のビルド番号を7回タップします。7回タップすると「これでデベロッパーになりました!」と表示されます。

次に設定 → 開発者向けオプションのUSBデバッグをONにします。

端末側はこれで終了です。

 

Windows側の準備

JDKのインストール

Android SDKを動かすにはJDKが必要みたいなので、使用しているOS用のものを選びインストールしましょう。
http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html
自分の環境ではjdk-8u25-windows-x64.exeを使用しました。

 

Android SDKのインストール

http://developer.android.com/sdk/installing/index.html
Stand-alone SDK Toolsをダウンロード(この時はinstaller_r24.0.2-windows.exeでした) そのままインストールを行います。
インストール完了後SDK Managerを起動しましょう。

002

 

Memopad7はAndroid 4.4.2なので、私の環境では4.4.2に関係するものだけをインストールします。

  • Android SDK Platform-tools
  • Android SDK Build-tools (19.Xとなっているもの全て)
  • Android 4.4.2 (API 19)
  • Google USB Driver

の計14個チェックを入れてインストールを行いましょう。

010

003004

 

WindowsにAndroid端末を認識させる

インストールが終了したらこちらを読みながらWindowsにAndroid端末を認識させます。

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n128056

adbコマンドを使用して端末が認識されていればここまではOK。

 

Unity側の準備

Android SDKのパスを設定します。設定方法はEdit → Preferences…を選択するとダイアログが表示されます。External Tools内のAndroid SDK LocationにインストールしたAndroid SDKのパスを設定します。

006

Build Settingsで最低限エラーが出ない設定を行います。

011

Player Settings…ボタンを押して「Bundle Identifier」を適当な名前に変更します。

Minimum API Levelを「Android 4.4」にします。(この設定は必要かどうかわかりませんが、自分の端末だけで動かす予定なので設定しました)

009

 

これでBuild And Runを押せば端末側で実行されるはず。

 

つまづいた箇所

Build時に「Unable to install APK!」エラーが発生しました。Google先生に聞いてもズバリという回答が見つかりません・・・。どうにか調べているとSDカードを挿しているとインストールに失敗する場合がある!という記述を見つけました。そこでSDカードを抜いたところあっさりと端末へ転送&実行されましたとさ。これだけで2時間ロスした・・・。泣きそうだった。

008

 

Pocket

希木小鳥

Diablo1でハクスラの世界に。今はPath of Exileをプレイ中。長くやっていてもNoob属性は常に付いている。そのくらい行き当たりばったり。オタクになれないゲーマー。

You may also like...